プロミスは郵送物も電話も無しで契約可能!

プロミスの契約方法は4種類あります。
ひとつが来店しての契約。
それから、自動契約機など無人での契約。
また、Web契約。
そして、郵送による契約。

この中で最も面倒なのが郵送による契約。
これは申込書類を郵送して、契約書が戻ってきて、それをまた郵送して・・と、契約が完了するまで何日もかかります。

それに対して、いちばん手っ取り早く契約ができるのがWeb契約。
Web契約ならネット上で申し込むだけ。最短30分で審査が完了するので、最短1時間でお金を借りられるようになります。

そして、Web契約なら、契約の際に電話連絡も郵送物もなしで申し込むことが可能です。
通常の審査では、「在籍確認」という手続きがあり、その際に会社などに電話がかかって来るのですが、Web契約の場合、内容確認のメールに「在籍確認は電話以外でお願いします」と記入しておくと、電話以外の方法、源泉徴収票などを写メに撮って送るなどの方法で確認が取れるように配慮してくれます。

また、キャッシングのカードなどの配送も、郵送以外の方法で受け取ることを選択すれば、郵送で送ってこなくなります。
その場合は、店頭や自動契約機などに行って受け取ればOK。
まあ、キャッシングのカードは、実際にはそんなに必要ないですけどね。
それというのも、プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、これを使えばネットでキャッシングの申し込みをすれば自分の口座に瞬間的にお金が振り込まれるので、自分のキャッシュカードを使えば、ほぼ問題なくお金借りることが可能になります。

このように、プロミスで契約する際には、電話連絡も郵送物もなしで契約することが可能。
そのためにも、申し込みはWeb契約ですることをおすすめします!

プロミスは夜9時の新規契約でも即日融資可能!

プロミスのすごいところはまだまだあります。
その中でも他と大きな差をつけているのが「瞬フリ」というシステム。
これは、24時間いつでも申し込んでから最短10秒で指定の銀行にお金が振り込まれるという、信じがたいほどすごいシステムなのです!

これを利用すれば、プロミスへの新規申し込みが夜であってもキャッシングが可能なのです。

これまでプロミスは新規の申込の場合午後2時までの申し込みが即日融資のリミットだったのですが、この「瞬フリ」を利用すれば夜の新規申し込みであっても即日融資をしてもらえるようになりました。

そのやり方は、申し込みを夜9時までに行うのです。
プロミスの新規申し込みは多くの店が夜10時まで、一部の店では夜9時まで受け付けています。
なので、夜9時ギリギリに申しこめば、最短30分で審査が完了します。
そうしたらすぐに「瞬フリ」を申し込むのです。
そうすることで、夜9時の新規申し込みであっても、即日キャッシングを受けることができるのです!

これは本当にすごいことですよね!
他の消費者金融は、ほとんどが午前中~お昼までの申し込みでないと即日融資はしてもらえないのに対して、プロミスは夜の申し込みでも即日融資可能。
この差は大きいです。

やっぱりプロミス、素晴らしいですよねー!

プロミスのCMが面白い!

プロミスのCM、面白いですよね!
今のドラマ仕立てになってから、けっこう長くやっていますが、
新人フォークデュオ「プロミス」のサクセス・ストーリー、どこまで行くのでしょうか?
出演しているのは谷原章介さん、森カンナさん、勝地涼さん、柄本時生さん。
谷原さんが怪しげな芸能プロダクションの社長、森さんがその秘書?そして勝地さん、柄本さんがフォークデュオ?「プロミス」のメンバーと言っていいのか・・・
彼らには何度もピンチが訪れるのですが、そのたびに谷原社長がこう叫ぶのです。
「やっぱりお前らはプロミスだ!」
その一言で、何故か事態は好転するのですね。
多くの人は置いてけぼりになってしまいますが。

本当のドラマだと考えると、ちょっとわざとらしかったり、ご都合主義的だったり、演技がオーバーだったり、と、いくつか気になってしまうのですが、これが15~30秒のCMだと、スパっと終わって、ああープロミスね~・・・と後に印象に残るんですよね。
ちょっとわざとらしい方がいいみたい。

でも、こんなドラマ仕立てのCM、よくクライアントのプロミスはOK出しましたよね。
普通、金融機関といえばやっぱりお堅いイメージがあるじゃないですか。
なので、CMの出演者も手堅く・・・と考えるのが普通。
それに対して、プロミスはいろいろ攻めていますよね。
それはCMだけじゃありません。
消費者金融では最も低い金利を打ち出したり、「瞬フリ」というサービスを始めたり、今度は初めての契約で2000円分の電子マネーをプレゼントするキャンペーンを始めたり・・・
ほんとに、プロミスって、プロミスって・・・いいとこ見せてくれるじゃん!